シルクロード大臣会議に参加

「TOURISM21」ニュースレター
   2011年3月9日(水)にUNWTOが主催するシルクロード大臣会議が、世界最大の観光博・会議ITBベルリン(ドイツ)で催され、日本国観光庁から岩本参事官、25カ国以上の国から、観光省大臣、副大臣が代表者として出席した。国連・世界観光機関(UNWTO)アジア太平洋センター(以下、「UNWTO大阪オフィス」という)を支援するアジア太平洋観光交流センター(APTEC)からも、堀江事務局長、市川国際部長、そして国際部スタッフ2名が参加した。開会挨拶では、UNWTO タレブ・リファイ事務局長は、シルクロードはアジアと中東における、観光促進に活用できる強力なブランドであると述べ、インターネット等のメディアを通して、観光者に情報を提供し活性化していく事を伝えた。また、それでも依然として多くの障害もあり観光客を迎える為に、必要な宿泊先やインフラの向上の必要性を訴えた。参加者によるディスカッションでは、持続可能な観光と、シルクロードのブランド力を高める為に、他の国々とどの様に協力すべきかについて議論がなされた。UNWTO大阪オフィスとAPTECは、UNWTOシルクロード構想に積極的に参加する意思を表明し、日本とシルクロード関係国との関係を深めていきたいと話した。更に、奈良市長からのシルクロード構想に参加するという熱いメッセージも各国に伝えた。この後、観光庁 岩本参事官から当センターのシルクロード構想取り組みに対し、日本国はこれをサポートしていくとの温かい支援の言葉をいただいた。APTECは、今後、シルクロードブランド向上のため、様々なプランを提案していきたいと考えている。

ファイル 16-1.jpg ファイル 16-2.jpg 

 ※2009年から、機関誌「TOURISM21」の紙面発行を中止し、TOURISM21 ニュースレターを不定期に発行しております。

TOURISM21ニュースレターVol.34以前はこちらでご覧いただけます。⇒ 「TOURISM21」ニュースレターこれまでのページへ