第23回アジア太平洋合同地域委員会開催される

「TOURSIM21」ニュースレター
    アジア太平洋合同地域委員会に参加3月24日(木)~26(土)の間、スリランカ(コロンボ)において第23回UNWTOアジア太平洋合同地域委員会が開催され、UNWTOアジア太平洋センターを支援する、アジア太平洋観光交流センター(APTEC)の本田理事長と堀江事務局長、市川国際部長も参加しました。これには、UNWTOアジア太平洋地域の加盟国の内17カ国2地域が出席し、日本政府からも観光庁のMICE推進担当参事官室の山本課長補佐が出席しました。会議では、この度の東北関東大震災の勃発を受け、冒頭から、各国代表から日本への哀悼の意が立て続けに示され、最後には、UNWTO加盟各国・地域は日本国 政府及び日本国民に連帯して、できる限りの支援を惜しまず、また、日本で復興支援事業を企画するのであれば全面的にバックアップする旨の決議を満場一致で採択されました。日本国政府を代表して出席していた山本課長補佐はUNWTO加盟各国・地域に深い感謝の意を伝える、答礼スピーチを行いました。また、本田理事長もUNWTOアジア太平洋センターの代表として、UNWTO各国の日本との連帯の強いメッセージに対し、感謝の念と、各国と共に、観光面での復興努力の決意を伝えました。

APTECは、今後も、UNWTOアジア太平洋センターの活動を支援して行きたいと思います。

ファイル 17-1.jpg ファイル 17-2.jpg

「TOURISM21」ニュースレ〇第23回アジア太平洋合同地域委員会開催される
 3月24日(木)~26(土)の間、スリランカ(コロンボ)において第23回UNWTOアジア 太平洋合同地域委員会が開催され、当アジア観光交流センター(APTEC)の本田理事長と堀江事務局長、市川国際部長が参加しました。 これには、UNWTOアジア太平洋地域の加盟国の内17カ国2地域が出席。日本政府か  らも観光庁のMICE推進担当参事官室の山本課長補佐が出席しました。

    会議では、この度の東北関東大震災の勃発を受け、冒頭から、各国代表から日本 への哀悼の意が立て続けに示され、最後には、UNWTO加盟各国・地域は日本国 政府及び日本国民に連帯して、できる限りの支援を惜しまず、また、日本で復興支援事業を企画するのであれば全面的にバックアップする旨の決議を満 場一致で採択しました。
     日本国政府を代表して出席していた山本課長補佐はUNWTO加盟各国・地域に深い感謝の意を伝える、答礼スピーチを行いました。また、当センター本田理事長からも、通例の事業報告とともに、センターの立場から、また日本人としてUNWTO各国の日本との連帯の強いメッセージに対し、 感謝の念と、各国と共に、観光面での復興努力の決意を伝えました。当センターとしては、UNWTO本部、観光庁、JNTOと共に、今後、観光の視点で、 世界に向けて日本の復興状況を発信、共有しながら、時宜を得て復興支援事業 を考えていきたいと思います。是非、関係の皆様のご理解とご協力をお願いたします。

 

※2009年から、機関誌「TOURISM21」の紙面発行を中止し、TOURISM21 ニュースレターを不定期に発行しております。

TOURISM21ニュースレターVol.34以前はこちらでご覧いただけます。⇒ 「TOURISM21」ニュースレターこれまでのページへ