ガストロノミーツーリズム
国際シンポジウム2020

1280

【主 催】UNWTO駐日事務所、一般財団法人アジア太平洋観光交流センター、奈良県

【後 援(予定)】観光庁、公益財団法人日本観光振興協会等

【日 時】2020年12月16日(水) 13:00~16:00(180分)

【場 所】 奈良県コンベンションセンター(奈良市三条大路1丁目681-1)
      コンベンションホールA
      ※オンライン併用

【目 的】
 奈良県が誘致を目指す2022年のガストロノミー世界フォーラムの開催に向けた機運の醸成の観点から、ガストロノミーツーリズム関係者(自治体関係者や飲食業関係者等)の取組やモチベーションを誘発することを目的として、ガストロノミーツーリズムが地域の活性化に果たす効果やウィズコロナ時代のガストロノミーツーリズムの在り方について解き明かすためのシンポジウムを奈良県との共催にて開催します。

【プログラム】

〇主催者冒頭挨拶:・奈良県知事 荒井 正吾 
         ・一般財団法人アジア太平洋観光交流センター会長 尾崎 裕 

〇来賓挨拶:観光庁
      農水省 (食糧産業局 海外市場開拓・食文化課 食文化室長)

〇基調講演1:UNWTO 本部 観光市場情報・競争力部長 サンドラ・カルバオ氏【ビデオレター】
       ・「ガストロノミーツーリズムをいかに推進するか?~ウィズコロナ時代のガストロノ
         ミーツーリズムの在り方について~」

〇基調講演2:日本ガストロノミー学会代表 山田 早輝子 氏
       ・「ガストロノミーツーリズムの課題とSDGs」          

〇説明1:バスクカリナリーセンター(BCC)校長 ホセ・マリ・アイセガ氏【ビデオレター】
     ・「BCCにおけるガストロノミーツーリズムの推進」

〇説明2:(株)三菱総研 主席研究員/ツーリズム・アナリスト 宮崎 俊哉 氏
     ・「ガストロノミーツーリズムが地域にもたらす効果と推進に当たっての課題について」

【休憩】

〇事例発表:奈良県曽爾村、「akordu(アコルドゥ)」オーナーシェフ 川島 宙 氏(2者)
      ・発表内容「地域におけるガストロノミーツーリズムの推進について」

〇パネルディスカッション:荒井知事、登壇者、事例発表者
             モデレーター:本保代表

〇主催者閉会挨拶:国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所代表 本保芳明

※【お申し込みはこちらから】
  申込締切:12月7日(月) 先着300名

ガストロノミーツーリズム 国際シンポジウム2020 in 奈良 (nara-gastronomy-tourism.jp)