奈良県立畝傍高校で特別授業をしました

634

日時:2018年2月14日(木)

場所:奈良県立畝傍高校

テーマ:UNWTOの活動と持続可能な観光について

参加者:アドバンストコース2年生を中心に21名

畝傍高校アドバンスコースの授業の一環として、はじめにUNWTO駐日事務所スタッフによる講演(テーマ:「UNWTOの活動と持続可能な観光について」)を行い、それに基づいて後半は生徒さんが主体的に考え、ディスカッションを行うワークショップ形式の授業を行いました。

 ワークショップでは4人1組となり、「世界・日本の各地域の課題に対して観光業がどのように貢献することができるか」、「それを通じてどのSDGs(持続可能な開発目標)に貢献できるのか」について、ディスカッションを行い、最後にグループ毎にプレゼンテーションを行ってもらいました。ほとんどのグループが奈良県における課題を取り上げ、過疎地域の観光プロモーションの在り方、交通網の整備、林業の振興、寺社等を活用した観光振興、食品ロスへの対応等、様々なユニークかつ具体的なアイデアが出されました。