一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューロー主催の「ナイトコンテンツMICEin沖縄」シンポジウムに登壇しました。

147

日 時: 2022年11月11日(金)

場 所: 沖縄県南城市・沖縄市

参加者: 自治体、観光関連事業者、報道関係者等約150名 

本シンポジウムは、夜景の観光資源への活用を促進することを目的に、①パネルディスカッションをメインとした「ナイトコンテンツシンポジウム」、②「日本夜景遺産認定」認定授与式、③「イルミネーションアワード」等により構成され、UNWTO駐日事務所は、「ナイトコンテンツシンポジウム」においてパネリストとして登壇しました。

モデレーター:

(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事 丸々もとお

パネリスト:

日本政府観光局(JNTO)理事 中山理映子

沖縄ツーリスト株式会社 代表取締役CEO 東良和

国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所 副代表 大宅千明

 パネルディスカッションにおいては、夜景観光が今後発展していくために何が必要となるか、夜景観光において日本が世界をリードしていくために何が必要になるか等について議論が行われました。 UNWTO駐日事務所からは、持続可能な観光の発展のためにUNWTOが観光地の競争力を高める多様な商品開発を促進していることについて説明するとともに、夜景観光おいても経済面・環境面・社会文化面で持続可能な取組であることが必要であるということを述べました。