日本経済社リゾートビジネス研究会「第3回定期研究会」において
オンライン講義を行いました。

123

日  時:2020年9月17日(水)13時00分~16時00分

場  所:ラグナヴェール東京

テ ー マ :「持続可能な観光に関する国際的潮流とリゾート地域の取組」

参加人数:約51人(オンライン参加含む)

同研究会に所属するリゾート関係の会員企業向けに、「持続可能な観光に関する国際的潮流とリゾート地域の取組」について講演しました。講演内容は以下の通りです。

〇コロナ前・後の国際観光の動向

〇持続可能な観光に関するUNWTOの取組
 ・持続可能な観光地域経営推進国際ネットワーク(INSTO)
 ・世界観光倫理憲章
 ・SDGsグローバル・スタートアップ・コンペティション

〇持続可能な観光に向けたリゾート地域の取組
 (クロアチア/ドブロブニク、フィリピン/ボラカイ島、パラオ、メキシコ/マヤコバリゾート、
  沖縄/西表島、長野県/白馬村等)

その後、慶応義塾大学大学院 政策メディア研究科 横田教授をファシリテーターに、野村総合研究所主席研究員の御友重希氏、同社上席研究員の小林孝明氏と、SDGsとコロナ禍による影響や、リゾート地・観光地としてのサスティナビリティ向上に必要なこと、地方創生との関係についてパネルディスカッションを行いました。

講演の様子
パネルディスカッションの様子