UNWTO INSTO中国年次会議に出席しました

1312

日時:2019年11月10日-14日
場所:中国・黄山
テーマ:文化と観光:持続可能な開発の目標
参加人数:中国の8か所のINSTOから約70名参加

中国における第8回UNWTO持続可能な観光観測所(UNWTO International Network of Sustainable Tourism)の年次会議が黄山で開催されました(中国安徽省の文化観光局及び黄山市人民政府、中山大学(中国)内に設置されている「サステイナブル・ツーリズム・モニタリングセンター(Monitoring Center for UNWTO Sustainable Tourism Observatory:MCSTO)」主催)。会議にはINSTOに参加している地域等から70名以上が参加しました。

中山大学は2010年から中国におけるINSTOの設立、管理、およびモニタリングのプロセスを促進するために、「サステイナブル・ツーリズム・モニタリングセンター」を設置し、全INSTO(9か所)を運営・管理しています。

今回の会議は「文化と観光:持続可能な開発目標」について議論が行われ、中山大学からの招致により国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所は「文化観光とSDGs:イベント開催を事例に」をテーマにプレゼンテーションを行いました。観光にとって重要な要素である文化イベントがどの程度SDGsに貢献することができるかについて、京都の祇園祭りやパプアニューギニアのセピック川クロコダイル祭を事例に挙げ説明しました。

MCSTOの詳細はこちらから(英語)

UNWTO本部スタッフ、MCSTOからの参加者
集合写真