第23回島嶼観光政策フォーラム事業(ITOP)沖縄に参加しました

1749

日 時:2019年11月5日-6日
場 所:沖縄
テーマ:「観光によるSDGs(持続的発展目標)への貢献」
参加人数:7つの地域(日本沖縄県、中国 海南省、スリランカ 南部州、韓国 済州特別自治道、インドネシア バリ州、タイ プーケット、アメリカ  ハワイ州)等 から 26名

2019年の第23回島嶼観光政策フォーラム事業(ITOP)(Inter-Islands Tourism Policy :ITOP)は、11月6日に沖縄で開催されました。 ITOPは島しょ部の観光商品に関する共通課題や経済成長の促進、適切な観光マネージメントのための研究調査について協議することを目的にバリ島(インドネシア)、海南島(中国)、沖縄、済州(韓国)の4つの地方政府が主体となり1997年より開始されました。同会議においてUNWTO駐日事務所は「観光によるSDGSの貢献」をテーマに講演を行いました。

ITOPの目的は以下の通りです。

・観光資源を十分に活用し、具体的な行動計画を策定

•経済発展とグローバル化により島しょ国の一般的な生活水準を高め、継続的な観光開発により島間の交流に貢献

•気温上昇や気候変動など、観光や環境に関する問題に対処するための協力的な方法を確立する

ITOP公式ホームページ(英語)

UNWTO駐日事務所発表の様子