日別アーカイブ: 2018年11月13日

UNWTO駐日事務所・JICA・APU共催 「観光を通じた地域振興ワークショップ・シンポジウム」を開催します(2019年1月12日~13日)

2019年1月12日(土)~13日(日)に、立命館アジア太平洋大学(APU)内(大分県別府市)において、次世代を担う観光人材の育成を目指し、ワークショップ・シンポジウムを開催します。

本ワークショップは、UNWTO駐日事務所、JICA、大学との初めての共催イベントであり、「Community Development and Revitalization through Tourism(観光を通じた地域振興)」をテーマに企画しています。

ワークショップの概要は以下の通りです。

(1)シンポジウム:1月12日(土)午前中(一般公開)
観光や地域振興の最前線で活躍している講師陣による、国際観光の動向や国内外の観光を通じた地域振興のケーススタディ等についての講演になります。
このシンポジウムは一般公開で、市民の方々も参加頂けます。

(2)グループ・セッション:1月12日(土)午後~1月13日(日)(30名程度)
少人数でのグループ・セッションです。シンポジウムの内容も踏まえた上でディスカッション・プレゼンテーション等を行います。(こちらの参加者はシンポジウムに必ず参加する必要があります。)
1月13日(日)には現地視察(大分県国後市の世界農業遺産)も予定しています。
なお、ワークショップの詳細及び申込方法は下記の通りです。関係者の方々へのご周知や別紙募集チラシの配布にご協力いただきますよう、よろしくお願い致します。

日 時:1月12日(土)~1月13日(日)
場 所:大分立命館アジア太平洋大学 (教室名は後日参加者に通知します)
〒874-8577 大分県別府市十文字原1-1
交通アクセス:http://www.apu.ac.jp/home/contents/access.html/
言 語:英語(シンポジウムのみ同時通訳)
参加費:無料
※APUまでの交通費、及び宿泊費は自己負担ですが、遠方から来られる学生の方には、1泊2000円程度で宿泊できる大学内の施設等を紹介することも可能です。
※現地視察に関する諸費用は当方が負担致します。
主 催:UNWTO駐日事務所、国際協力機構(JICA)、立命館アジア太平洋大学(APU)

申込方法:Eメールでのみ参加申込を受け付けます。応募については別添の用紙にご記入の上、以下アドレスまでお申込みください。

E-mail:ftlworkshop@unwto-ap.org

Download (PDF, 507KB)

締切:ワークショップ:2018年12月7日(金)先着順、シンポジウム:2019年1月4日(金)

関連リンク:   

Download (PDF, 1.48MB)

ワークショップチラシFlyer_APUWorkshop(UNWTO)
                        ワークショップ応募用紙(PDF)
ワード応募用紙が必要な方は、下記の連絡先まで、ご連絡ください。



 

≪お問合せ先≫
国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所
(一般財団法人アジア太平洋観光交流センター)
担当:鈴木、サンチェス(英語)
電話:0742-30-3880
E-mail: ftlworkshop@unwto-ap.org